脇坂安治陣跡

 
 

小早川に続き土壇場で寝返った老将

関ケ原の南方、現在の名神高速道路と黒血川との間、松尾山のふもとに「脇坂安治陣跡」はあります。関ケ原の戦いで脇坂安治は、朽木元綱・小川祐忠・赤座直保とともに西軍として順に松尾山のふもとに陣取り、さらにその横には大谷吉継隊が陣を取っていました。しかし、小早川秀秋隊が寝返ると、4隊とも心が変わり大谷隊へ攻撃し、東軍を勝利に導いたのです。寝返ったことで卑怯者の武将だと思われがちですが、家康が天下を平定するという優れた先見力があったのではないでしょうか。それが功を奏して、脇坂安治の子孫は幕末まで繁栄しました。
 
 
 
 
 

家名を守った七本槍の豪将

脇坂安治は、豊臣秀吉と柴田勝家が激しく戦った、賤ヶ岳の戦い(1583年)の豊臣軍として手柄を立てた「賤ヶ岳の七本槍」の一人でした。他には豪将と呼ばれる福島正則、加藤清正などが顔を揃えています。その後、徳川政権になってから「賤ヶ岳の七本槍」の大半は御家潰しなど苦難に遭いました。その中でも幕末まで脇坂家を繁栄させた、安治はあらゆる面で優れた武将だったのでしょう。
 
関ケ原かるた
関ケ原かるた
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町大字藤下476-1
駐車場 なし
WC なし
アクセス 松尾山麓より徒歩15分、名神高速道路脇

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

赤座直保大谷吉継小川祐忠加藤清正朽木元綱小早川秀秋賤ヶ岳の戦い賤ヶ岳の七本槍柴田勝家関ケ原の戦い豊臣秀吉福島正則平定松尾山脇坂安治

 

観光情報