山内一豊陣跡

 
 

未来を見抜いた抜け目ない武将

旧中山道沿いにある「山内一豊陣跡」は、大きな松と、山内家の三つ葉柏の軍旗が目印。慶長5年(1600年)、徳川家康に従い会津の上杉景勝討伐の軍に参加した一豊は、関ケ原の戦いに際し、居城の掛川城を明け渡しての出陣となりました。岐阜・大垣の兵と戦い、野上に入ると、一豊らは一里塚より桃配山までの間の中山道左右に陣を置き、南宮山の敵に備えました。その後、南宮山の隊に東軍攻撃の形勢がないため、家康の命令を受け、山内隊は有馬・蜂須賀の隊と共に前進して戦いました。一豊は関ケ原の戦いで大きな武功はなかったのですが、合戦前の城を明け渡しにより、家康の信頼を得ていた為に土佐の国主となっています。
 
 
 

縁の下の力持ち、一豊の妻・千代

山内一豊の妻・千代は、「内助の功」で知られる人物です。一豊が織田家の一家臣でしかなかった頃、馬を一堂に集めて検分する「馬揃え」がありました。しかし、一豊は名馬を買うほどのお金がなく、それをみかねた千代は、「夫に何かあったら使うように」と父から嫁入りの時に渡されていた10両を一豊に渡しました。その10両で一豊は名馬を買い求め、武将としての面目を保ち出世したといわれています。
 
 関ケ原ウォーランド蔵
 関ケ原ウォーランド蔵
エリア 野上(駅東)
住所 関ケ原町大字野上1391-2
駐車場 なし
WC なし
アクセス R21一ツ軒より東へ400m

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

会津一里塚上杉景勝馬揃え掛川城国主関ケ原の戦い徳川家康土佐内助の功中山道南宮山野上武功三つ葉柏桃配山山内一豊

 

観光情報