東首塚

 
 

戦いの裏には必ず悲劇がある

JR関ケ原駅のすぐ西の跨線橋を渡ると、左手に広葉樹の森がありその中に「東首塚」があります。朱色の大きな門を抜けると、その奥にスダジイの大木が茂った塚があります。この塚は関ケ原合戦後、徳川家康が床几場で首実検をし、その後東西2ヶ所に埋葬したことから「東首塚」と呼ばれているのです。この首塚に、当時この地の領主であった竹中重門が、家康の命により関ケ原の戦いで戦死した兵士たちを埋葬しました。この首塚に埋められている戦死者の数は定かではありません。しかし、西軍・東軍、計15万人の兵がぶつかったといわれる関ケ原の戦いの規模を考えると非常に多くの戦死者が眠っているものと考えられます。
 
 
 
 
 

戦いの裏方、女性たちの驚くべき仕事

関ケ原の戦いで裏方を務めた女性たちの仕事の1つに、首化粧がありました。首化粧とは、男たちが取ってきた首をきれいに洗い、お歯黒を付けたというものです。当時、お歯黒は身分のある者に限られていたので、首化粧をすることで少しでも良い恩賞を彼らに得させようとしたのです。このような女性たちの支えがあったからこそ、男たちは戦に専念することができたのですね。
 
 
 
エリア 駅周辺
住所 関ケ原町大字関ケ原908-3
駐車場 なし
WC なし
アクセス JR関ケ原駅より徒歩3分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

首化粧首実検首塚床几場スダジイ関ケ原の戦い竹中重門徳川家康

 

観光情報