奥平貞治の墓

 
 

小早川隊の先頭に立ち戦死した勇ましき武将

JR関ケ原駅から北東へ約4km弱の場所に、「奥平貞治の墓」があります。関ケ原の戦いで貞治は、家康の意を受けて西軍の裏切りを約束していた小早川秀秋隊の監視をしていました。秀秋の裏切りの後には、軍の先頭に立ち松尾山を攻め降り大谷勢と奮戦し、玉村あたりで討ち死にしたと伝えられています。この墓は、元治元年(1864年)10月に子孫の奥平新左衛門源貞昭がこの地に建立しました。その後、さらに不破古跡保存会によって、墓の横に碑も建てられています。
 
 
 

予想外の戦死だった…!?

奥三河・亀山城を本拠に持つ有力国人奥平貞勝の子として生まれた、奥平貞治。関ケ原合戦では、西軍との激戦に身を挺した結果、戦死しました。もともと、兵力の高い小早川軍と共に戦った貞治は、まさか自分が戦死するとは思っていなかったことでしょう。裏切り者の小早川に激怒し士気が高まった西軍部隊の猛攻が予想以上のものだったのです。実は、この合戦で命を落とした武将は、東軍にはほとんどいません。そんな中、命を落としてまで戦った奥平家には、のちに家康から多大な恩恵が与えられたといいます。
 
 関ケ原かるた
 関ケ原かるた
エリア 伊吹山(駅北)
住所 関ケ原町大字玉573-2
駐車場 なし
WC なし
アクセス JR関ケ原駅から北東へ4km

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

奥平貞治小早川秀秋関ケ原の戦い徳川家康奮戦松尾山

 

観光情報