岡山(丸山)烽火場/黒田・竹中陣跡

 
 

開戦の烽火があげられた地

国道21号線(関ケ原バイパス)の北側にある小高い山が、岡山(丸山)になります。登頂すると、南宮山・松尾山・笹尾山・中山道・北国街道・伊勢街道…といった、合戦時の重要なポイントを一望することができます。豊臣恩顧の武将であった竹中重門は、最初は西軍に属していましたが、岐阜城落城後、黒田長政の勧めにより東軍につきました。合戦時には、長政とともにここへ陣取り、戦機を見て烽火(のろし)を上げました。山頂からは、周辺の状況が把握しやすいこともあり、開戦の烽火を上げるには好適地だったことがわかります。
 
 
 

黒田と竹中の不思議な関係

黒田長政と竹中重門の関係といえば、少年時代の約1年間、隣村で共に過ごした旧知の間柄であったそうです。しかも、秀吉が恐れた男・黒田官兵衛(如水)と頼りにしていた男・竹中重治(半兵衛)の両息子が、ともにここ岡山(丸山)で奇しくも陣を敷いたのでした。長政は、文禄・慶長の役で武功をたてていましたが、過小評価の報告をされたことで、石田三成とは朝鮮在陣以来、不仲だったようです。合戦では小早川を東軍に振り向かせ、東軍勝利に貢献したキーパーソンでした。
 
 
 
エリア 伊吹山(駅北)
住所 関ケ原町大字関ケ原732-27
駐車場 5台
WC なし
アクセス R21関ケ原バイパス瑞竜を北に車で2分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

石田三成伊勢街道岡山(丸山)烽火場岐阜城黒田官兵衛(如水)黒田長政笹尾山竹中重門竹中重治(半兵衛)中山道南宮山烽火北国街道松尾山

 

観光情報