門間の八幡神社

 
 

近辺では見られない精巧な社殿

今須の中山道の問屋場近くに「八幡神社」の石の鳥居があります。その鳥居を通り抜けてさらに新幹線の高架を抜けて進むと、今須川のほとりに「門間の八幡神社」があります。春には川沿いの桜並木が咲き誇り、夏には新緑に目を奪われます。神社の創建は古く、暦仁元年(1238年)に鎌倉より、鎌倉三熊野権現の一社をここへ鎮座したのが始まりです。本殿は嘉永2年(1849年)に一間社流造り、桧皮葺きで建造されたと伝えられており、彫物はとても評価の高いもので、江戸期に流行した主題を取り入れたすばらしい作品です。また、町の重要文化財に指定されています。
 
 
 
 
 

神様へ一歩近づける場所?

今須川のすぐ横に作られた「門間の八幡神社」はまず見た瞬間に心打たれます。清らかな流れの川に架けられた小さな赤い木の橋。その向こうにはうっそうとした木々に囲まれた神社。神社は結界の中にあるように感じられます。空気が周辺とは違います。ここに戦いの跡はみられません。ただ清冽な空気があり、身が清められていくようです。関ケ原を訪れた際には、ぜひお立ち寄りください。
 
 
 
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町今須152
駐車場 10台
WC なし
アクセス R21今須より南へ徒歩10分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

一間社流造り社殿中山道八幡神社桧皮葺き

 

観光情報