常盤御前の墓

 
 

牛若丸を追って山中(やまなか)へ

旧中山道から脇道に入ったところにある小さな公園の中に、宝篋印塔と五輪塔が並び建っています。これに記された内容にまつわる伝説は多数ありますが、その中のひとつに常盤御前の伝説があります。16歳で源義朝の愛妾となり、今若丸・乙若丸・牛若丸(源義経)の3児に恵まれました。義朝が平治の乱で敗れ、源氏がちりぢりになると、牛若丸が東国へ走ったと聞いた常盤御前は、乳母の千種とともに牛若丸の後を追いこの地にやってきました。ところが、ここで土賊に襲われ命を落としてしまいます。それを哀れんだ里人がここに葬り塚を築いたのだそうです。その後、母親を殺した土賊6人を、牛若丸が皆殺しにし、母の恨みを晴らしたという内容の絵巻物も残っています。

 
 
 

絶世の美女、常盤御前

雑仕女の採用にあたり、都の美女1,000人が集められその中で、1番の美女だったといわれている常盤御前。後に、源義朝の側室となり、平治の乱で敗れた義朝が逃亡中に殺害されると、常盤は未亡人となります。その後、子供たちを連れて逃亡し、大和国に辿り着きます。その後、都に残った母が捕らえられたことを知り、平清盛の元に出頭します。出頭した常盤は母の助命を乞い、子供達が殺されるのは仕方がないことだが、殺される姿を見るのは忍びないので、先に自分を殺して欲しいと懇願しました。その様子と常盤の美しさに心を動かされた清盛は、今若・乙若・牛若を助命し、常盤を愛妾としたそうです。
 
 
 
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町大字山中532
駐車場 なし
WC なし
アクセス R21山中より北に徒歩5分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

愛妾今若丸牛若丸乙若丸五輪塔雑仕女平清盛平治の乱宝篋印塔源義朝源義経

 

観光情報