青坂神社

 
 

今須城主の祖先が眠る土地

今須峠を西側に下った所にある「青坂神社」。JR東海道本線の下り線の踏切を渡って、鳥居をくぐった森の中に拝殿があり、本殿はさらに石段を数十段ほど登ったところにあります。この神社は、承久の乱後、鎌倉から今須へやってきた武将・長江秀景が、祖先の勇将・鎌倉権五郎景政を祀ったものといわれています。この景政の9世が、昔の今須城主・長江重景にあたります。

源氏の剛勇、鎌倉景政

青坂神社に祀られる鎌倉景政は、16歳で源義家に属し、後三年の役に従軍して活躍したといわれています。合戦にて右目を矢で貫かれた際、仲間がわらじのまま顔を押さえて矢を抜こうとすると「生きながら顔を踏まれるのは最も恥辱」として、刀で仲間を刺そうとしたそうです。それを見聞きした人々はその剛勇さに驚嘆したといわれています。
 
 
 
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町大字今須3574-1
駐車場 なし
WC なし
アクセス R21沿い、近鉄「平井口」バス停の北側

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

後三年の役承久の乱関ケ原の戦い徳川家康源義家

 

観光情報