聖蓮寺・八房の梅

 
 

親鸞聖人ゆかりの寺

松尾山南西に位置する平井集落の中にある古刹。あの名高い親鸞聖人と深い関わりがあり、親鸞に関わる数多くの文化財も伝わっています。この寺はもともと真言宗に属していましたが、仁治元年(1240年)に親鸞が立ち寄って真宗に転じ、聖蓮寺となりました。 境内には、1つの花から8つの実がなるという天然記念物(町・県指定)の古木「八房の梅」があります。樹齢700余年というこの老樹は、聖人が酒食のもてなしを受けた時に出された梅干しの種を「末代女人浄土往生の証に、一花八果の梅になるべし」と言って植えたという伝説があります。その他にも四季咲き桜「丁字桜」と、本堂左角に中国明時代の「八葉形半鐘」もあります。
 
 
 
 
 

浄土真宗の開祖・親鸞聖人

親鸞聖人は、承安3年(1173年)京都生まれ。9歳の時、比叡山延暦寺にて修行を開始します。29歳の時、下山し、法然上人のもとで、教えを受けます。承元元年(1207年)、念仏禁止令が出され、親鸞聖人は、越後へ流罪となり、僧の身分を剥奪されます。罪を許された後、親鸞は東国へ旅立ち、そこで浄土真宗を開きました。この東国から京都への帰りに関ケ原にも立ち寄ったといわれています。弘長2年(1262年)、90歳で亡くなりました。
 
関ケ原かるた
関ケ原かるた
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町大字今須2367
駐車場 なし
WC なし
アクセス JR関ケ原駅から車で南西に15分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

古刹浄土親鸞丁字桜松尾山八房の梅

 

観光情報