不破関西城門跡(戸佐々神社)

 
 

古の城門跡地に佇む神社

「不破関資料館」より旧中山道を西に進むと、竹やぶに覆われた「戸佐々神社」があります。古くは祭神とし、不破関を鎮護する神として祀られていたそうです。祭神名は「関比男明神」といわれています。この神は現在、「井上神社」に合祀され、「戸佐々神社」では伊勢の天照大神が祀られています。また、この神社のあたりに「不破関西城門」があったとされ、「戸佐々神社」のそばには、関所で使われていた堅固な石組みが今も残っていたり、藤古川沿いは、春になると桜が楽しめたりする花見スポットでもあります。「不破関」があったころは、ここで旅人たちが旅の無事を祈っていたのでしょうか。
 
 
 
エリア 駅周辺
住所 関ケ原町大字松尾156
駐車場 なし
WC なし
アクセス 不破関資料館より徒歩3分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

関連キーワード

天照大神官人勅府鎮護天武天皇中山道不破関木契

 

観光情報