不破関資料館

 
 

古代の関所と壬申の乱をリアルに再現

国道21号線沿い、松尾点滅信号より300m程進むと冠木門があり、その門をくぐった先に「不破関資料館」があります。この資料館は「歴史民俗資料館」と同じ昭和57年にオープンしました。館内には関所跡から出土した貴重な土器類、壬申の乱に関する解説パネル、関所全景を復元したジオラマなどが展示されています。また、壬申の乱について簡潔にまとめられているビデオもあり、大海人皇子、大友皇子の当時の動きがよく分かります。小中学生の方の勉強にもおすすめです。古代三関といわれる不破関を知り、歴史の知識をより深められてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
 

歴史的価値の高い資料館

100年もの長い間建っていた不破関。しっかりとした発掘調査を行ったうえで出土された品々が多数展示されています。「非常に歴史的価値の高い遺物ばかりですので、ぜひ一度見に来てください」と館長の安田さんは言います。館内には実際に古代で使われていた瓦・お皿・銅銭などがあり、当時の文化レベルの高さもうかがえます。中山道巡りの際には、絶対に外せないスポットのひとつです。
 
 
 
エリア 今須(駅西)
住所 関ケ原町大字松尾21-1
電話番号 0584-43-2611
営業時間 9:00~16:30(11~3月9:00~16:00)
定休日 月曜休(祝の場合は翌日休)・祝翌日休、12/29~1/3
駐車場 20台
料金 大人100円、小中学生50円(20名以上:大人70円、小中学生30円)
URL
アクセス JR関ケ原駅より西へ徒歩20分、関ケ原ICより西へ車で5分

周辺地図


より大きな地図で 関ケ原観光Web を表示

 

 

観光情報